第48回日本ハンドボールリーグVS 安芸高田ワクナガハンドボールクラブ

2月12日(月) 14:00 スタート

対戦相手

安芸高田ワクナガハンドボールクラブ
安芸高田ワクナガハンドボールクラブ

★Phenixのスターティングメンバー
No.1久保侑生(GK)、No.15原田 一沙(LW)、No.20可児大輝(LP)、No.23佐藤 快(CP)、No.6康本侃司(PV)、No.7ヤーニマー・デネル(RP)、No.3中村璃玖(RW)

フェニックスのスローオフで前半開始。
試合開始早々、可児のカットイン、原田のサイドシュートで2連続得点で良いスタートを切る。
相手も負けじと3連続得点でフェニックスに流れを渡さない。その後互いに点を取っては取られるシーソーゲームが続く。
試合が動いたのは、前半25分過ぎ13-13同点から攻撃ミスから2連続得点を許し、13-15と2点差に広がるが、ヤーニマーのカットイン、吉田のサイドシュートなど得点を重ね、16-16同点で前半を折り返す。

ランニングスコア

安芸高田ワクナガのスローオフで後半開始。
後半開始3分から相手に4連続得点を許して18-22と4点差に広がり、流れを相手に渡してしまう展開。早く追いつきフェニックスは、要所要所でビックチャンスを作るも相手ゴールキーパーの好セーブに阻まれ、4点差が縮まらない展開が続く。その後互い得点を重ね、29-32で試合終了。4位までのプレーオフ進出がかすむ痛い敗戦となった。

ランニングスコア

フェニックスの最多得点はヤーニマー10得点、可児6得点、村藤3得点、河原3得点、吉田2得点、原田2得点、中村1得点、小澤1得点、康本1得点。

PICK UP選手

ヤーニマー選手

この試合10得点を叩き込むヤーニマー選手

村藤選手

日本リーグデビュー戦で3得点の活躍見せた村藤選手

■試合結果
安芸高田ワクナガハンドボールクラブ vs 大同特殊鋼フェニックス – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

■RANKING(REGULAR SEASON)及び、個人得点ランキング
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

場所

マエダハウジング東区スポーツセンター

大きな地図で見る